HOME > デント施工ブログ

作成者別アーカイブ: impression

トヨタ ハリアー ひょう害修理

トヨタ ハリアー ひょう害車修理   車両全体で約170ヶ所、ひょう被害としは軽度です、この車両の問題点はサンルーフが付いている事です。通常ルーフのデントリペアはルーフライニングを外して行いますが、サンルーフ付きの場合サンルーフの脱着も必要になり、尚且つルーフパネルが大きく切り抜いて有る為、強度を出すためにサンルーフ無車両に比べると比較にならない程補強入っている為リペアに時間が掛かったり、リペア不可の部分まで出てきます、今回数はそこそこ有りますが深い凹みは数カ所なのでルーフ、ルーフサイ … →続きを読む

BMW 118I F20

BMW 118I F20後期型   左フロントフェンダーに10cm程の薄っすらとしたへこみ修理のご依頼です、作業しながらお客様とお話をしながらのリペアになりました。ローダウン、ブラックホイール、ローターとキャリパーがピッカピッカで、内外装、ホイールの裏側まで綺麗なカッコイイお車です。ボンネットを開けフェンダー上部の黒いカバーを外しアクセス。薄っすらしたへこみなので塗装肌を崩さない様に慎重にリペア。   お客様の中にはデントリペアに興味が有ってどうやって直すのか見てみたいと言わ … →続きを読む

BMW Z4 E85

BMW Z4 E85 初代Z4、Z3の後継車種 アルピンホワイトのボディーが輝きを放っていて内外装ともコンディション抜群のお車です、今回は左ドア前方に小さな凹み修理のご依頼を頂きました。 オープンカーは誰しもちょっと憧れの車で、季節の良い時は風を切りドライブしたら気持ち良さそうですね!   ご依頼有難う御座いました デントリペア・インプレッション

BMW 525I E60

BMW 525I E60 ひょう害修理   車両全体で約200ヶ所、ルーフだけで100ヶ所ですが、ひょう害車としては数も、凹みの大きさも軽度な方です。 E60のアルミボンネットは前端から20CM位まではツールアクセスに苦労します、今までにこのボンネットは相当数リペアしてますが、数ミリの違いで非常に苦労した覚えがあります、今回は先端に近い凹みは殆ど無かったので順調に進みました、同世代の3シリーズE46もボンネットも苦労する場所が有った様に記憶しています。   一般的に言える事で … →続きを読む

BMW 420I グランクーペ

BMW 420I グランクーペ   白、黒系の車色が多いいですがBMWと言ったら、私はエストリル・ブルーメタリックの印象が非常に強いです、個人的にブルー系が好きなので街中では車種は関係なく目が行ってしまいます。 今回のデントリペアのご依頼は右リアフェンダーの一番前、リアドアに近い場所です、凹みは小さいですが深目の打点がくっきりと有りましたがプーリングで問題なくリペア出来ました。 BMWの塗装は国産車に比べ厚く、丈夫なので強く引いてもダメージが出る事も少ないので安心です、この辺はやっぱり … →続きを読む

BMW アルピナ D4

BMW アルピナ D4 4シリーズ ディーゼル仕様のアルピナです。 アルピナの特徴は誰が見てもわかる、”アルピナライン”もしも塗装が必要になると当然張替えです、部品代だけで数万円、でも高級車ですから・・・ 今回のご用命は左ドアに強烈ドアパンで縦に20CM程凹んでいます、多少の違和感は残ってしまいますと、ご説明をしてリペアさせて頂きました。     ご依頼有難う御座いました。 デントリペア・インプレッション

メルセデスベンツ 280SL W113

メルセデスベンツ 280SL W113 SLの初代はガルウィングで有名な300SL、今回修理させて頂いたお車は2代目で1963年~1971年製造 非常に希少なお車です。 現代の車は特に国産車は似た車が多いい様な気がしますが、この年代の車は独創的な形の車が多かった様に思います、飽きが来なく今でもマニアの間では人気が高い車両です。 左フロントフェンダーをリペアさせて頂きました。   ご依頼有難う御座いました。 デントリペア・インプレッション

ボルボ XC60

ボルボ XC60 ひょう害修理 車両全体で約200ヶ所 ルーフサイド、ドア上部に多数凹みが有るのでプーリング多用、15年程前はプーリングの工具がまだまだ充実していなかったので、細いワイヤーツールを内張りを外したボディーの小さな穴から入れ時間を掛けてリペアしていました、最近は本当に便利になりました、とは言っても工具を使いこなすには当然ながら技術が必要です、素人向けに通販で見かける物も有りますが、先ず綺麗には直りません、下手すると塗装が剥げたり、凸凹になって最初より目立ってしまう事も有ります、こうな … →続きを読む

トヨタ プリウス 50系

トヨタ プリウス50系 ひょう害修理、車両全体で約300ヶ所 プリウスのひょう害車のリペアは業者様からのご依頼も有り相当数こなしています。 30系はボンネット裏側に補強が多く苦労しますが・・この50系は形状の為か場所によってツール先端の力が凹みにうまく掛からず逃げてしまい苦労します。 鉄に比べてアルミはリペアが難しいですが、国産車のアルミ素材は外車に比べてはるかにリペアしやすい車両が殆どですが・・・ それにしてもこちらの色は目立ちます、遠くに走っている時からプリウスと分かります!   … →続きを読む

フォルクスワーゲン ザ・ビートルデューン

ザ・ビートルデューン 500台の限定販売車 いつも色の話になってしまいますが、黄色かゴールドか深みの有る上品色。 大切な大切なお車に凹みが出来てしまいました・・・・でもご心配いりません、実績有るデントリペア職人ならお客様の目の前で”その凹み無かった事にして見せます!”ご期待下さい。 塗装修理してしまうと色の風合いが違ってしまう場合が有りますが、デントリペアはオリジナル塗装そのままに、凹みを修理する技術です。   デントリペア・インプレッション